脚がむくみやすい人におすすめな着圧ソックスの効果

デスクワークや立ち仕事の方に!着圧ソックスの効果

着圧ソックスは、脚に圧力をかけることによって、むくみやだるさといった不快な症状を和らげることが出来ます。

脚は心臓から遠く重心の影響を受けやすいため、血流が滞りやすく最もむくみが現れやすい場所です。

脚がむくみやすいデスクワークや立ち仕事の方は着圧ソックスの着用が効果的です。

また、妊娠中や産後の女性にも適しています。レッグメイクリフレの評判がいいのもたくさんあります。

妊娠4~5カ月目からむくみが起きやすくなり、膝から下がパンパンにむくむことがあります。

これは妊娠によって子宮が大きくなり、下半身を流れる静脈を圧迫してしまうことや、エストロゲンなどのホルモンが増える事で、ナトリウムや水分が体に吸収されやすくなり、水分が溜まってしまうことが原因です。

マッサージが効果的ですが、大きくなったお腹が邪魔になりますし、自分でマッサージするのは大変です。

そんな時には着圧ソックスがおススメです。

着圧ソックスには、医療用と市販品がありますが、医療用の着圧ソックスは「弾性ストッキング」と呼ばれています。

機能は着圧ソックスと同じですが、圧力の強さや値段は大きく違います。

それぞれ製法が異なり、医療用は専門の医療機関によって製造されているため、足の健康に着目して開発されています。

また、医療用の弾性ストッキングは、着圧が市販品の倍ほどあるので効果が出やすく、耐久性があるため洗濯を繰り返しても圧力が落ちにくい仕様になっています。

市販の着圧ソックスは、ダイエットに特化していたり、普段のファッションに合わせやすい商品が豊富にラインナップされています。

値段を比べてみると、市販品だとダイソーなどで100円から販売されている商品もありリーズナブルですが、医療用は高額で、一万円を超えることがあります。

また、むくみを感じている人の6人に1人が隠れ下肢静脈瘤の可能性があると言われています。

静脈瘤のある人が飛行機に乗る場合にはエコノミー症候群に注意が必要ですので、とにかく血流をよくしなければなりません。

着圧ソックスは、血流の滞りをスムーズにすることで、むくみを改善できるため医師もお勧めする静脈瘤の改善、予防にぴったりのアイテムです。

医療用と市販品の着圧ソックスでは違いがあり、それぞれにメリット、デメリットがあります。

足に静脈瘤がある場合は病院で診察を受けて処方してもらうのが良いでしょう。

静脈瘤がなく、症状が軽い場合は、お好きなデザインや着圧レギンスの市販品を選ぶと良いでしょう。